フェイスリフトは顔だけでなく心も自信を持たせてくれる施術

婦人

時間について把握

顔を触る女性

スケジュールを考える

フェイスリフトを行なう際には、スケジュールを確認する必要があります。メスを使って切開し、皮膚を真ん中に集めるといった、ミッドフェイスリフトを行なうのであれば、その後にレジャーの予定を入れたり、仕事の予定を入れたりしない方が良いです。手術時間も二時間以上は必要となりますし、ダウンタイムが特に長いです。人によって違いますが、腫れが二週間続くという人もいます。そのため、整形をしたことを知られたくない人なら、一週間は休みをとって様子を見た方が良いといえます。そうでなくても、手術跡のケアは必要になることを理解しておきましょう。通院も必要になることが多いので、スケジュール管理はしっかり行なうべきです。フェイスリフト手術に二時間かかりますが、手術後はすぐに帰れるというわけではありません。全身麻酔を行なうため、手術後は麻酔が残った状態です。その後にすぐ歩くと転んだりする危険もありますので、一時間はベッドで横になります。とはいえすぐに歩くことができますので、二時間も経てば帰途につくことが可能です。

短い時間でできる

スケジュール調整が難しいという人は、短時間でできるフェイスリフトを行なうのも良いです。ヒアルロン酸注入やボトックスを利用することで、短時間で顔やせも可能になりますし、ハリを取り戻すことができます。ヒアルロン酸を注入するフェイスリフト方法ですが、これは肌にもともとある組織を人工的に増やす目的があります。ヒアルロン酸や水分は年齢とともに肌から失われ、そのため顔が全体的にたるんでしまうのです。それを注射で注入すれば、肌が蘇ります。持続する期間は限られていますが、とても気軽にできますし、手術時間も一時間とかからないため多くの人に利用されています。ヒアルロン酸以外にも、コラーゲンを注入するフェイスリフト手術もあります。ボトックスは、筋肉の動きを弛緩させるものです。これがどう効果があるのかというと、筋肉を弛緩させるために筋肉の動きによってシワができてしまっていた肌に対策できます。筋肉の動きを和らげるため、たるみを生むことがなくなるのです。