フェイスリフトは顔だけでなく心も自信を持たせてくれる施術

婦人

レーザーや高周波を使う

ウーマン

切らなくてもできる

美容整形外科といえばメスを使った施術が頭をよぎります。他のところなら服などで隠せるから積極的に美容整形に踏み切っても良いという人もいますが、顔だとどうしても躊躇してしまいます。しかし、フェイスリフトは切らない施術も利用できますので、どうしても切りたくない人はこういった施術を利用しています。切ることがないため、このようにメスが怖いという人でも気軽に受けられます。とても施術数が多いため、美容外科医も慣れている人が多いというのも魅力の一つでしょう。実績が多いと、医師の技術も自然と上がっていきます。美容整形には高い美意識とそれを実現するための技術力がある医師が求められますが、施術数が多いものほどその信頼度が増すのです。ただ、切る施術は持続性が期待できますが、切らない施術は持続期間がそれより短いという特徴があります。この点も比べて考えることで、納得できる施術が受けられるので、自分の要望と合わせて施術を選び取りましょう。

高周波を発する機器

高周波の音波を使ったサーマクールという機械を使う方法が、切らないフェイスリフトの一つです。サーマクールを利用している美容外科はたくさんあって、これは2002年に開発されたため、医師も慣れていて使いやすい機械となっているためです。サーマクールで当てる高周波RFは、肌の奥にまで刺激を与えることができるとして注目されています。それによってどうなるのかというと、肌の活性化を促すので、ターンオーバーもしやすくなります。肌が自ら元気になる力を取り戻すことができるのです。他には、ポラリスというものがあり、この機器で高周波を当てれば、コラーゲンの生成が促され、肌にハリを生むことができます。フラクショナルレーザーという機器を使ってフェイスリフトする方法もありますが、たるんでしまった肌に効果的です。フェイスリフトだけでなく、ニキビ跡にも対処するのに役立つ施術となっています。