フェイスリフトは顔だけでなく心も自信を持たせてくれる施術

婦人

あごと頬にアプローチ

医師

たるみが目立つところ

年をとってくると顔も身体もたるみが大きくなっていきますが、もっとも目立つところとしては頬と顎といえるでしょう。若い頃はハリがあって、頬の位置も高いのですが、いつのまにか頬の下が落ち窪んでしまいます。これは脂肪や筋肉が衰えて垂れ下がることが原因です。また、肌全体が水分を失ってしまうのも原因です。気をつけるためには普段から表情筋を鍛えることが大事になってきます。痩せてはいないのに頬がこけてみえるという人は気をつけましょう。肌のハリが失われる前兆としては、毛穴が大きくなることが挙げられます。太っていないと、普通はあごに二重あごができることはありません。以前は二重あごではなかったのに今はできているという人は、これも同じく筋力の低下で顎の下に脂肪が垂れ下がってきてしまっています。二重あごになると、顔が四角く見えてしまい、余計に老けて見られてしまうので、フェイスリフトをすることで対策をしたいものです。

フェイスリフトの方法

頬のたるみを解消し、二重あごを解消すれば、小顔になれます。そのためのフェイスリフト方法が、ヒアルロン酸の注入や切除方法、あごのたるみの原因となっている脂肪の吸引です。頬のたるみの原因は、肌の組織が不足してしまうことですが、これはヒアルロン酸の注入によって解消できます。ヒアルロン酸を体内に増やすためには肌を活性化しなければならないのですが、注射で注入することですぐにハリを取り戻せるのです。その他のフェイスリフト方法ですが、頬から下がってしまった脂肪は顎に溜まっていくので、これを除去するために脂肪吸引を行ないます。切除による方法もありますし、カニューレを挿入して脂肪吸引をすることもあります。それ以外にも、注射で脂肪溶解をする方法もありますので、好きな方法を選びましょう。